スポンサードリンク

2013年08月16日

障害福祉サービス電子請求受付システム

事業者が福祉サービスを提供した後、報酬を頂く為にネット上で請求を行う為のシステム。サービスによっては複雑な請求方法も存在し、エラーになれば返戻となる為に事業所泣かせの請求システムと言える。

国保連合会提供の無料ソフトを利用できるが、それは請求業務に特化しており日頃の予定表やアセスメント、介護計画、運営に関わる拡張性がないのが非常に不便。

民間が提供する有料のソフトウェアやクラウドサービスを利用する方が、コストはかかるが拡張性に富んでおり複雑な事務を合理的に処理することが出来るのでオススメである。





Amazon:夏のレジャーストア

障害福祉」の先頭へSEO対策テンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。