スポンサードリンク

2013年08月22日

障害福祉サービス契約書

措置制度から契約制度と生まれ変わった障害福祉制度。
サービスを利用するにあたり契約書が必要となった。


実際の契約書は難しい用語等が記載されており、利用者に説明しても意味不明になるケースが多く、それを解消するため重要事項説明書という契約書を優しく変換したものを作成し
契約時に利用者へ分かり易いよう説明する事となっている。


現状、それでも契約時における制度の説明等は難しいものがあり、後々トラブルに発展するケースもある。委託された事業所泣かせになっている感は否めない。
事業所としては、もっと簡素な制度であったりシステムを作って欲しいものである。




Amazon:夏のレジャーストア

障害福祉」の先頭へSEO対策テンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。